お知らせ

喜多方市ふるさと振興株式会社 山都事業所からのお知らせです。
これから行われるものや、過去のイベントの模様など各施設ごとにまとめております。

お知らせ 

レッツ山都そば!第6回(たたみ)(そば伝承館)

2015/12/27(日)

麺棒を使い全体が2mmに延ばせたら今度は生地をたたんでいきます。
たたみ方は生地の大きさや形によって変えてもいいのですが基本的には
包丁で切っていくほうにたたみ口(折り目)が来るようにしてください。
また生地同士が重なることによってせっかく薄くのばした生地がくっついてしまわないよう
生地の上には多めに打ち粉を敷いてからたたんでください。
たたみのコツは薄くなった生地を手で持ってしまうと指で押さえているところが切れやすく
なりますので麺棒に生地を乗せ麺棒に乗った生地を抑えながらスライドするように折りたた
むと切れずにたたむ事が出来ます。

  • レッツ山都そば!第6回(たたみ)
  • レッツ山都そば!第6回(たたみ)
  • レッツ山都そば!第6回(たたみ)

レッツ山都そば!(本延し・四つ出し3)(そば伝承館)

2015/12/27(日)

麺棒を縦向きに置き生地を広げると横長に延びている状態になります。(猫の目のような形)
この生地をまた手前から麺棒に絡めて四つ出し1と四つだし2と同じことをしてください。
生地を広げると丸い生地が四角になっています。
力が均等でなければ四角ではなく台形やひし形になってしまいますのでこちらも
練習あるのみですよ。
あとは本延し同様全体が2mmの均等な厚さになるよう延ばしてください。

  • レッツ山都そば!(本延し・四つ出し3)
  • レッツ山都そば!(本延し・四つ出し3)
  • レッツ山都そば!(本延し・四つ出し3)

レッツ山都そば!(本延し・四つ出し2)(そば伝承館)

2015/12/27(日)

生地を麺棒に絡めながら転がして延ばしたら麺棒を180度回転させ生地を広げます。
広げた生地をまた手前から絡めとり前回同様両手で転がしながら生地を延ばします。
延ばし終えたら麺棒を縦にして生地を広げます。
ここまでで2か所の門出しが終わりました。
ここでのコツは麺棒に絡めた生地を一定の力で転がしながら延ばすことです。

  • レッツ山都そば!(本延し・四つ出し2)
  • レッツ山都そば!(本延し・四つ出し2)
  • レッツ山都そば!(本延し・四つ出し2)

レッツ山都そば!(本延し・四つ出し1)(そば伝承館)

2015/12/27(日)

そばにはそばの薄さ細さがありますので地道に均等に薄く延ばしてください。

◎ここでの四つ出しは基本ではなく中級者以上のテクニックですので初心者の方はたたみから
見てくださいね。
本延しは基本的には丸のまま延ばしていきますが、四角に形成したほうが切りクズ(短い部分)
が出にくいので四つ出し(角出し)をしてみます。(そば粉の量が多いときにも有効な方法です)
均等に薄く丸くなったら手前から麺棒に生地を絡めていきます。
絡めたら両手を使い麺棒の上に手を添えて生地を転がしながら延ばします(ここでもあまり力
を入れずに優しく転がし延ばしていきます・手前から先まで転がしながら延ばすを2回行います)


  • レッツ山都そば!(本延し・四つ出し1)
  • レッツ山都そば!(本延し・四つ出し1)
  • レッツ山都そば!(本延し・四つ出し1)

レッツ山都そば!第5回(本延し)(そば伝承館)

2015/12/27(日)

出来るだけ手を使って薄くしたほうがあとからの作業が楽になります。
ここからが本延しですが、あまりにも生地が柔らかく粘つくときは生地の表面にも
薄く打ち粉を振ったほうが延しやすくなります。
ここから麺棒を使っての本延しとなります。
麺棒を使っての延しは生地全体を延ばすのではなく、上部の約3分の2程度を延ばし
生地を時計回りに少しだけ回転させ、また上部の3分の2程度を延ばします。
この繰り返しで少しづつ生地を延ばして薄くしていきます。(出来上がりは生地の厚さが
約2mmくらいが目安です)
生地が回せなくなって来たら生地を麺棒に絡めて台の上にまた打ち粉を敷いてください。
ここでのコツはやはり一気に押しつぶして延ばすのではなく少しづつ平らに延ばすことです。
また麺棒を手の中でスムーズに転がせれば平らに延ばすことが出来ますが、これには経験が
必要となりますので出来るようになるまで練習してみてください。
全体に均等に約2mmになれば出来上がりとなります。

  • レッツ山都そば!第5回(本延し)
  • レッツ山都そば!第5回(本延し)
  • レッツ山都そば!第5回(本延し)